Event is FINISHED

アイガモロボット開発ワークショップ

Description

FabLab浜松がある場所は田園地帯の中の農作業小屋です。

除草剤に頼らない農法として、アイガモを田んぼに話して草を食べたりかき混ぜたりしてもらう「アイガモ農法」という農法があります。ただ、生き物であるアイガモを購入、飼育、管理するノウハウ、手間が非常にかかることから簡単ではありません。農家の方から、アイガモに変わる除草ロボットを作れないだろうかという提案から、アイガモロボットプロジェクトは始まりました。


今回のワークショップは、スクリプトで3Dモデルを開発する”open scad”といううソフトウェアと、そのコードをWeb上でシェアする”thingiverse Customizer”のサービスを利用し、アイガモロボットのタイヤを開発するワークショップです。

オープンソースハードウェア、ソフトウェア、様々なバックグラウンド方の力で様々な田んぼの状態に合わせたタイヤのバリエーションの検討を簡易に行えるようになる未来を目指しており、今回のWSはその初回となります。

このワークショップを通じてオープンソースプロジェクトの公開方法や、プロジェクト開発者の参加を促す戦略をワークショップ参加者全員で考えていきます。


<参加費>
無料


<募集人数>

9名(3チーム)


<持ち物>

PC持ち込み(対象OS・Linux/UNIX, Windows and Mac OS X)


<対象>

3Dモデリングおよびプログラミングの中級者程度が望ましい


■OpenSCAD DLページ: http://www.openscad.org/



■Thingiverse Customizer: https://www.thingiverse.com/customizer



Event Timeline
Sat Feb 27, 2016
1:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ファブラボ北加賀屋(コーポ北加賀屋共有スペース)
Tickets
参加チケット(無料)
Venue Address
大阪市住之江区北加賀屋 5-4-12 コーポ北加賀屋 Japan
Organizer
Open Source Workshop Rally
48 Followers
Attendees
2 / 9